So-net無料ブログ作成
会場へのアクセス ブログトップ

車の場合2 - 東海環状自動車道 [会場へのアクセス]

遠方より、車を利用される場合。

---------------------------------------------------------------
中央道 → 東海環状自動車道の場合
猿投(さなげ)グリーンロードを経由するルートが
一本道で、わかりやすいのでおすすめです。
---------------------------------------------------------------
東海環状自動車道の「豊田藤岡IC」でおりて、
猿投グリーンロードの「中山IC」へ向かいます。
そこから、グリーンロードの出口「八草(やくさ)IC」を
経て、県大まですぐです。

ひとつ手前の「瀬戸赤津IC」からのルートも
ありますが、道が複雑です。
少しお金はかかるけど、簡単なほうがいい方は、
グリーンロードを経由する道もご検討ください。

詳しくは、地図でご確認ください。


-----------------------------------------------------------------------------
★県立大学は、八草ICを出てまっすぐ西にすすみ、
(リニモが上を走っています)
(天気の良い日は、名古屋市中心のビル群が見えてきれいです)

★リニモの駅を1つ越えて、すぐ。
「愛・地球博記念公園北口」を目指して側道へ降りて、
信号で右折(左折すると、公園の中に入っていきます)

★高架をくぐると、目の前に県立大学が見えています

★ひとつ目の信号を右折すると、県立大学です
(付近では速度取締りの白バイをよく見かけます)
-----------------------------------------------------------------------------

車の場合 [会場へのアクセス]

遠方より、車を利用される場合。

名古屋市東部、長久手市へ向かう道路は、最近で開通した
ものが多く、より便利に(複雑に)なりましたので、古いナビの
方はご注意ください。

---------------------------------------------------------------
東名高速道路なら、「日進JCT」経由で「名古屋瀬戸道路」を使い
「長久手IC」が便利です。
---------------------------------------------------------------
また、名神・東海北陸道・東名阪・名二環などを使われる場合、
名古屋市内のICで降りてしまうと。。。

そこから県立大学へ向かう(東行きの)道が、結構、
混雑しています。

飲食店やスーパーなどの並ぶ、にぎやかな通りであるため、
いつでも車が多い道路です。

少し距離と料金がかかっても、
東名高速 → 日進JCT → 長久手IC
というのも、ひとつの手かもしれません。

長久手ICより東は、道路沿いの店も次第に姿を消し
みどりが多い地域になります。
比較的、車も スイスイ。

ご自宅の最寄ICからのルートと料金は、
NEXCO中日本のページで調べることもできます。
http://www.c-nexco.co.jp/
-----------------------------------------------------------------------------
☆県立大学は・・・
★名古屋IC、または長久手ICから東
(猿投グリーンロード方面)へすすみ、
(リニモが上を走っています)
★「愛・地球博記念公園」の大観覧車の横を通り過ぎたら
側道へ降りて、その先の信号を左折
(右折すると、公園の中に入っていきます)
★目の前に県立大学が見えています
★ひとつ目の信号を右折すると、県立大学です
(付近では速度取締りの白バイをよく見かけます)
-----------------------------------------------------------------------------

鉄道・高速バスを使う場合 [会場へのアクセス]

鉄道や高速バスで「愛知県立大学」に向かう場合
まずは名古屋駅を目指してください。

*県外の方を対象にご紹介します。

1) 名古屋駅に到着します。
   (新幹線、JR、名鉄、近鉄、高速バスなど)

2) 名古屋市営地下鉄東山線(黄色の路線)の
   「藤が丘」行きに乗り、25分(290円)
   終点の「藤が丘」まで乗車します。
   居眠りをしていても、車掌さんが起こしてくれます。

2-2) JR中央本線を利用される方は「千種」で
    地下鉄東山線に乗換えができます。
    「千種(ちくさ)」→「藤が丘」 17分(260円)。

3) 地下鉄「藤が丘」で一旦改札を出て、
   (地下鉄の駅ですが、地上にあります)
   すぐ横にあるリニモに乗り換え。
   (リニモの駅は、地下にあります)

4) リニモの「八草(やくさ)」行きに乗り 13分(340円)。
  「愛・地球博記念公園」で降りると、目の前に県立大学があります。

詳細は、コチラのページでご確認ください。



飛行機を利用する場合 [会場へのアクセス]

主会場である「愛知県立大学」は、飛行機でのアクセスも良好です。

1) 中部国際空港(セントレア)に到着
2) 空港バス「藤が丘」行き に乗り 55分(1400円)
3) リニモに「八草」行きに乗り 13分(340円)
4) 「愛・地球博記念公園」で降りると、目の前に県立大学があります。

時刻表はそれぞれのHPでご確認ください


愛知県にはもうひとつ、県営名古屋空港(小牧)があります。
距離的にはこちらの方が近いのですが。。。
セントレアが開港してからは、公共交通機関でのアクセスがあまり
よくなく、「地元の人が自家用車で空港へ行くのに便利」な空港と
なっています。

長久手市や豊田市(宿泊会場)へ行くなら、セントレアが
お薦めです。



ながくて大会の会場地図 [会場へのアクセス]

ところで、「ながくて(長久手)」って、どこにあるの?

どうやって行けばいいの?の前に沸いてくる疑問に答えるべく、

どなたかが作成した、ながくて大会の地図がありましたので
ご紹介します。

1 : 愛知県立大学 (主会場、分科会会場)
2 : 愛知淑徳大学 (分科会会場)
3 : 豊田市(宿泊会場)
4 : あすけ里山ユースホステル (子ども学校)




powered by 地図Z


主会場はどこにあるの? [会場へのアクセス]

主会場となるのが、愛知県立大学(略称:けんだい)です。

愛知県立大学は、名古屋市の東隣に位置する「長久手市」にあります。
歴史をひもとくと、「小牧・長久手の戦い」。その合戦の地です。
血の池公園や古戦場公園、色金山歴史公園、岩崎城など、当時をしのばせる史跡もあります。

そして最近では、2005年に開催された「愛・地球博」で有名になったでしょうか?
万博会場は今、「モリコロパーク」として整備されています。
(かつての名称、「青少年公園」として記憶している地元の方も多いかも)

万博のおもかげはだいぶ薄らいでいますが、大きな観覧車も残っていますよ。

さて。愛知県立大学は、この「モリコロパーク」のすぐそば。
なによりも、万博のために整備された「リニモ」と「高速道路」が残っており、
アクセス抜群の会場です。

飛行機の場合、鉄道の場合、車の場合など
順次ご紹介していきます。

また、付近のおすすめ情報も・・・。





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
会場へのアクセス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。